ロック界の化石




Massive Attack ― Heligoland  2010/03/08(月)
EFTERKLANG ― MAGIC CHAIRS  2010/03/08(月)
Alcoholic Faith Mission ― 421 Wythe Avenue  2010/03/08(月)
ESPERS ― III  2009/10/29(木)
VOLCANO CHOIR ― UNMAP  2009/10/09(金)
KINGS OF CONVENIENCE ― DECLARATION OF DEPENDENCE  2009/10/09(金)
FANIA ― SILMAKHA  2009/10/09(金)
John Frusciante ― The Empyrean  2009/02/04(水)
Omar Rodriguez Lopez ― Old Money  2009/02/03(火)
Matt Elliott ― Howling Songs  2008/11/21(金)
Marnie Stern ― This is it and I am it and you are it and so is that and he is it and it is it and that is that.  2008/09/27(土)
FERN KNIGHT  2008/09/01(月)
KAKI KING ― DREAMING OF REVENGE  2008/03/25(火)
EBERG ― VOFF VOFF  2008/02/18(月)
THE MARS VOLTA ― THE BEDLAM IN GOLIATH  2008/01/25(金)
LIFE ON EARTH ― LOOK!!THERE IS LIFE ON EARTH  2008/01/25(金)
LAURA/-RADIO SWAN IS DOWN-  2007/12/26(水)
OMAR RODRIGUEZ LOPEZ/CALIBRATION  2007/12/26(水)
Omar Rodriguez Lopez & Lydia Lunch  2007/10/20(土)
Devendra Banhart ― Smokey Rolls Down Thunder Canyon  2007/09/26(水)
Iron And Wine ― The Shepherd's Dog  2007/09/26(水)
tunng ― good arrows  2007/09/12(水)
SOY UN CABALLO - Les Heures De Raison  2007/09/12(水)
Animal Collective ― Strawberry Jam  2007/08/31(金)
meg baird ― dear companion  2007/07/25(水)


Massive Attack ― Heligoland
Massive Attackは英国ブリストルの出身。ポーティスヘッドを筆頭にしたリミックスを得意とするダウナー系のバンドの代表格。

1991年に独創的な1stアルバム『Blue lines』をリリース。98年に出た3枚目のMezzanineでは、コクトー・ツインズのエリザベス・フレイザーを迎えてロックファンにも大ブレイク。

2003年3月には、4枚目のスタジオアルバム『100th Window』を引っさげて来日。東京ベイNKホールのコンサートでは、映像と光がリミックスされたステージを展開し、ぼくの心にも一撃の杭を打ち込んでくれた。

あれから7年の御無沙汰だったが、新作が出た。ポーティスヘッドの11年の沈黙も長かったが、まさにお久しぶりである。

ゲストには、デーモン・アルバーン、ホープ・サンドヴァル、マルティナ・トップリー・バード、ガイ・ガーヴェイにトゥンデ・アデビンペがそれぞれヴォーカルとして参加。

デーモン・アルバーンは「フラット・オブ・ザ・ブレード」でベースを、「スプリッティング・ジ・アトム」ではキーボードで参加。ポーティスヘッドのエイドリアン・ユーティレーは「サタデー・カム・スロー」でギターを客演。
Date: 2010/03/08(月)


EFTERKLANG ― MAGIC CHAIRS
EFTERKLANGは、デンマークの9人+フィルム・メイカー1人によるポストロック・バンドで、2007年の『parades』が高い評価を受けて一躍有名に。

待ちに待った3年ぶりの新作『MAGIC CHAIRS』がついに到着!!

今作から4ADのリリースとなり、Gareth Jonesがミックスを担当。

Gareth Jonesといえば、デペッシュ・モードや、アインシュトゥルゼンデ・ノイバウテン、ニック・ケイブ、ワイアーなども手がけた名プロデューサーで、最近ではグリズリー・ベアもその手中に収めて老兵はまだまだ死なずに元気なところを見せている。
Date: 2010/03/08(月)


Alcoholic Faith Mission ― 421 Wythe Avenue
デンマークのコペンハーゲンからブルックリンに出てきた彼らだが、目の付け所が良かった。今のブルックリンのロックシーンは雨後の筍のように次から次へと新しいバンドが生まれ活気に満ちているから。

このアルバムは2作目。

影響されたバンドは、レッド・ハウス・ペインターズ、コクトー・ツインズ、ブロークン・ソシアル・シーン、スノーデン、ボン・イヴェール、アメリカン・アナログ・セット、コーナー、グリズリー・ベア。更に今のロンドンのニュー・フォーク・シーンや、ムームのようなエレクトロニカ・インディー周辺に興味がある・・・って、ぼくとほぼ同じ。気に入るはずだ。

儚いポストロック。繊細な音がいつまでも鳴っていて嬉しい。

早くも今年のベストアルバムの誕生かも。
Date: 2010/03/08(月)


ESPERS ― III
ネオ・サイケ・フォークバンドの新作がついに登場。

待ちに待ったニューアルバムでしたが、独特の絡みつくような感じに更に磨きがかかって最高!

ドラッグがなくても吐き気を催すほどの充実感で眩暈がするほどです。

男女のコーラスも万華鏡のように千変万化。

2002年にフィラデルフィアで結成、2004年にデビューアルバム(ESPERS)、2005年に2作目(The Weed Tree)、2006年にスケールアップした3作目(II)、そして今度4作目(III)がリリース。

メンバーは、Greg Weeks,Meg Baird,Brooke Sietinsons,Otto Hauser, Helena Espvall.
Date: 2009/10/29(木)


VOLCANO CHOIR ― UNMAP
ウィスコンシン州出身のシンガーソングライターであるBONIVERとポストロック系のバンドであるCOLLECTIONS OF COLONIES OF BEESが一緒に創ったアルバムがこれ!

アニマル・コレクティブがもうちょっと進んだ感もあるポストロック。新しい音がまた生まれたようだ。
Date: 2009/10/09(金)


KINGS OF CONVENIENCE ― DECLARATION OF DEPENDENCE
1999年デビューのノルウェーのポップデュオ。

5年ぶりの新作。サイモンとガーファンクルのような美しいコーラスが売り。前のアルバムに参加していた女性はいなくなったようだ。

清潔で清涼感のあるサウンドが素敵♪
Date: 2009/10/09(金)


FANIA ― SILMAKHA
2004年のセカンドアルバム『naturel』が素晴らしかったセネガル出身のFANIA。パリコレのスーパーモデルでもある。

2005年には来日も果たしブルーノートでコンサートも観た。

あれから4年、待ちに待った新作がフランスから届いた。

何よりいいのは心が浄化されるような歌声。上質なアフリカンポップはコーヒータイムにもワインにもよく合う。
Date: 2009/10/09(金)


John Frusciante ― The Empyrean
4年ぶりのソロアルバム。

かなり抑え目の音量にCDは設定されておりビックリするが、これは意図的なもの。かなりデリケートな配慮があったりするのだ。

2曲目にティム・バックリーのSong To The Sirenが入っているので、This Mortal Coilの不朽の名作であるFiligree & Shadowを思い出す。

全く別人かと思ってしまうほど異なった彼の七色のヴォーカルが聞けるのも楽しい。

これも2009年のベストアルバムの1枚となるであろう。
Date: 2009/02/04(水)


Omar Rodriguez Lopez ― Old Money
The Mars Voltaのギタリストのソロアルバム。前衛的な内容のソロを昨年から連発中だが、このアルバムはその中では最もギターを弾きまくっている。

攻撃的な尖った音がステキ。

内容および充実度で2009年のベストアルバムの1枚となるに違いない。
Date: 2009/02/03(火)


Matt Elliott ― Howling Songs
これは凄いアルバム。

絶望歌3部作の最終章。イントロを聴いただけで戦慄を覚えた。

CDジャケットのアートワークも秀逸だ。
Date: 2008/11/21(金)


Marnie Stern ― This is it and I am it and you are it and so is that and he is it and it is it and that is that.
マーニー・スターンはニューヨーク在住の32歳。

現在バトルズに在籍するイアン・ウィリアムスのギターを聴いて衝撃を受け、20代後半からエレクトリック・ギターを始めたという遅咲きの才女。

昨年リリースされたファーストアルバムで一躍注目を集め、ニューヨークタイムズでは「今年出た最もエキサイティングなロックンロールアルバム」と最上級の評価を受けた。昨年ツアーを一緒に行ったアニマル・コレクティヴのメンバーも絶賛。

今作は余裕の2枚目。ザック・ヒルのドラムスとプロデュースも際立っている快作。

ジャケットのアートワークは、彼女の親友であるベラ・フォスターによるものだ。

http://www.myspace.com/marniestern1

ウケケと笑いたくなるこのギタープレイ!!
http://technorati.com/videos/youtube.com%2Fwatch%3Fv%3D_tF77_yU39g
Date: 2008/09/27(土)


FERN KNIGHT
フィラデルフィア出身の4人組、FERN KNIGHTによる3枚目。

MARGARET WIENK(リード・ヴォーカル、ギター、チェロ)の才能が見事に結晶した稀有な存在のサイケフォークアルバム。

彼女のヴォーカルが深山幽谷の世界へいつの間にか導いてくれる。

レコーディングにはESPERSのGreg Weeksが参加し、ESPERSの曲も大幅にアレンジされて収録されており、こちらもこのアルバムの目玉!!

4ADのCocteau TwinsやThis Mortal Coilファンにも是非とも聴いてもらいたい。
Date: 2008/09/01(月)


KAKI KING ― DREAMING OF REVENGE
試聴した途端、普通の女性SSWじゃないと直感した。

なるほど、調べてみるとギター奏法で話題になっていた人だったのね。
http://www.youtube.com/watch?v=bbJnwk3GBiM

透明感のある音作りに、特殊なテクニックを使ったギターで全く独創的な音楽になっている。これはいい!!

これがメジャー3作目。将来が楽しみだ。
Date: 2008/03/25(火)


EBERG ― VOFF VOFF
このEBERGは、アイスランド、レイキャビク出身のEINAR TONSBERGのソロユニットで、2003年にデビューアルバムであるPLASTIC LIONを発表。一部のメディアではその先進性から話題沸騰となった。

今ぼくが追いかけ回しているフォークトロニカ(フォーク+エレクトリカ)と言われる範疇でも時代の最先端を走っている。

このアルバムは、昨年欧州で発売された2枚目だが、アメリカではiPhoneのCMに使われて大ブレイク中。地味なジャケットなので、国内盤はポップにしたと思われる。 写真は国内盤。
Date: 2008/02/18(月)


THE MARS VOLTA ― THE BEDLAM IN GOLIATH
97年に発売されたAt The Drive-Inのアルバムを聴いた瞬間(このショックはいまだに忘れられない)から虜になってしまい、2001年の解散後はThe Mars Voltaとなった後も追い掛け回しているバンドだ。

その爆発的エネルギーは、あれから10年以上経った今もいささかも衰えてはいない。

この新作は何度も発売が延期されてお蔵入りが心配されていたが、ついに到着。

2006年に発表された『Amputechture』の発売時には完成していたというが、今作は75分に及ぶ全編カオスのような仕上がりで、密度が圧倒的に高く聴き応え十分。息つく暇もないとは正にこのことで、とても仕事のBGMとして聴くことは不可能。これは驚異的なスケールの大作であり、『Frances The Mute』と並ぶ大傑作と評価されることになると思う。

国内盤はSHM−CD(Super High Material CD)で製作されており、超高音質となっている。

国内盤デラックス・エディションには、キュクノスのライブ映像(これは最高!)とワックス・シムラクラのPV、ソフト・マシーン、シュガーキューブス、ニック・ドレイク(!)のカヴァー曲が3曲おまけに付いている。
Date: 2008/01/25(金)


LIFE ON EARTH ― LOOK!!THERE IS LIFE ON EARTH
スウェーデンのネオフォークロックバンド。
これまで手に入りにくかったが、国内盤がようやく出た。
Life on Earthっていうバンドは日本にもあるけど、全く違うのだ。

Life on Earth is the Talented Multi-instrumentalist Mattias Gustavssons, from the Swedish Band Dungen, Solo Project. Together with Some Fellow Travelling Kindred Musical Spirits (Musicians from Dungen, the Works, Town and Country and Mia Doi Todd) He Has Created an Amazingly Deep and Timeless Album Filled with Shimmering Vibrant Psychedelic Folkrock-pop.

これが、サイケ風でコーラスもばっちり。なかなか良い!!
Date: 2008/01/25(金)


LAURA/-RADIO SWAN IS DOWN-
オーストラリア、メルボルン出身の轟音系ポストロックバンド。

最初に聴いたときは65daysofstaticかMOGWAIのニューアルバムかと思った。フォロワー万歳!!

この手の音は大好きなので、文句なく悶絶。

This Mortal Coil風の味わいもある。
Date: 2007/12/26(水)


OMAR RODRIGUEZ LOPEZ/CALIBRATION
THE MARS VOLTAのギタリスト、オマー・ロドリゲス・ロペスのソロ4作目。

先日もリディア・ランチとのコラボを発表したばかりだが、このアルバムではよりエレクトリック寄り。

相変わらず凄い!

ダブを取り入れた曲もあり、エイドリアン・シャーウッドと組んだら最凶ロックになりそうだ。
Date: 2007/12/26(水)


Omar Rodriguez Lopez & Lydia Lunch
Lydia Lunchといえば、70年代末に沸き起こったNYのニュー・ウェーブ・ムーブメントの中心的役割を果たしたSMの女王。

ぼくは彼女の熱烈なファンで、彼女の変態行為をあの頃は日夜追いかけていたものだ。

ぶち切れロッカーであるJim Foetusとの強烈なファックを収録したアンダーグラウンドビデオが存在することを知り、すぐさまNYに飛んで買い求めたのは言うまでもない。

注射器が転がる寒々とした汚いアパートの一室で2人が絡み合う様は、この世のモノとは思えないおぞましさが漂っていた。

オマーは、マーズ・ヴォルタの中心的メンバーだが、以前からリディアのファンだったらしく、このコラボレーションはオマーの方から持ちかけて実現したそうだ。

オマーの官能的なギターは凄すぎて感涙!
なぜかフランク・ザッパの来日公演を思い出した。

欲を言えばLydia様にはもっと発狂して欲しかったな。
Date: 2007/10/20(土)


Devendra Banhart ― Smokey Rolls Down Thunder Canyon
前作Cripple Crowで日本でも大ブレーク!

待ちに待った2年ぶり通算5枚目。
(写真右はDevendra本人、26歳)

プロデュースは、前作同様にノア・ジョージソンと本人の共作。

怪しさいっぱいのアシッド・フォークである。

アンディ・キャヴィックやジョアンナ・ニューサムの兄であるピート・ニューサムなど、多数のミュージシャンが参加しており、交友関係の広さを物語っている。

http://www.devendrabanhart.com/
Date: 2007/09/26(水)


Iron And Wine ― The Shepherd's Dog
今年初めのCalexicoの日本公演に付いて来たサム・ビーム。
デビュー作は2002年、宅録されたものをそのまま出す。
これは3作目で、初めて真面目に取り組んで作り込まれたものだ。

Calexicoからもジョーイ・バーンズ、ポール・ニーハウスらが参加。サイケデリックな曲あり、カントリー風、レゲエっぽいのもありとバラエティー豊かな作品に仕上がっている。

意外(?)にも本人はトム・ウェイツのファンだそうだ。

http://www.ironandwine.com/
Date: 2007/09/26(水)


tunng ― good arrows
ネオフォークとかフォークトロニカに分類されているtunngもこれで3枚目だが、今作も期待を裏切らない素晴らしさだ。このヴォーカルは、このバンドならではのもの。センスの良さも際立っている。

ヴァネッサ・ダ・シルヴァによる見開き特殊プリントジャケのアートワークも素敵♪


こちらは前のアルバムのPV。
http://www.youtube.com/watch?v=OyE46Qb1wCg&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=Eb0JtmjHbMA

ライヴもおまけにどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=OTZcqTE_w_A
Date: 2007/09/12(水)


SOY UN CABALLO - Les Heures De Raison
ベルギーのmatamoreレーベルから出たaurelie mullerとhomas van cottonという男女デュオのデビューアルバム。
プロデュースは、ハイ・ラマズのsean o’hagan。

ステレオ・ラブ系のエレクトリカに素敵なフランス語のヴォーカルとコーラスが絡むという何とも心地よい作品だ。曲のヴァリエーションが豊富なのもいい。
Date: 2007/09/12(水)


Animal Collective ― Strawberry Jam
メリーランド州ボルティモア出身のAnimal Collective待望の新作が届いた。

05年のFeels以来だが、その間にPanda Bearのソロアルバムは出ている。

前作ではアシッド・フォークっぽい雰囲気も漂っていたが、今作品ではギターが全く使われておらず、さすがにこれではフォークに入れることは出来ないだろう。

このバンドの売りはポップなセンスが溢れるヴォーカルにエレクトリカルな味付けのキーボード&ドラムスが綺羅星のように絡みつくところ。英国のXTCを思わせる部分もある。

このAnimal Collectiveは、mixiのコミュでは1546人も入っている人気バンドなのである。

BBCのインタビューやPVなど。
http://www.bbc.co.uk/dna/collective/A25969512
Date: 2007/08/31(金)


meg baird ― dear companion
フィラデルフィアのアシッド・フォークバンド『ESPERS』でヴォーカルを担当しているメグ・ベアードの初ソロアルバム。

妹のローラとベアード・シスターズとしても活躍。こちらの雰囲気がこのソロアルバムに近いだろう。

アコースティックギターに、これ以上望めないという可憐な声のヴォーカル。

女性のシンガーソングライターは声の質で決まり!

オリジナル曲に、トラッドソング、カヴァー曲など多彩。

『ESPERS』の持っている独特のサイケ感覚は皆無なので物足りないかと思えばそうでもない。
Date: 2007/07/25(水)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND










Tricolore



















000819
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70