ロック界の化石




her space holiday ― let's get quiet vol.1  2005/07/06
PAJO ― PAJO  2005/07/06
Portishead ― roseland new york  2005/07/01
tunng ― mother's daughter other songs  2005/06/22
JETHRO TULL ― LIVING WITH THE PAST  2005/05/12
Beck ― Guero  2005/04/29
eels ― blinking lights and other revelations  2005/04/29
mice parade ― Bem-vinda Vontade  2005/04/05
Fania ― naturel  2005/03/27
OWEN ― I do perceive  2005/02/24
from quagmire ― habitats in the wound  2005/02/24
UNDER BYEN ― IT'S ME KEEPING TREES TOGETHER  2005/02/22
Mice Parade ― Obrigado Saudade  2005/02/19
MY JAZZY CHILD ― I INSIST  2005/02/18
THE MARS VOLTA ― FRANCES THE MUTE  2005/02/17
Capitol K ― Island Row  2002/10/04


her space holiday ― let's get quiet vol.1
サンフランシスコをベースに、Indian Summer、Calm、Mohinderなどのハードコア・バンドで活動していたMarc Bianchiが、1996年からスタートさせたソロ・ユニット。

この数年の充実ぶりは、radioheadやBjorkにも比べられるほどまで成長。

←このシングルは4曲入りの小品だが、相変わらず素晴らしい。
Date: 2005/07/06


PAJO ― PAJO
先日買ったtunngに続いての大当たり!!
これほどいいアルバムに連続で巡り合うのは奇跡的。
共に、今年のベスト1を争うほどの出来だ。
分類ではアシッド・フォークなどと言われているが、現代感覚溢れる極上のフォークソング集だ。

このアルバムはDAVID CHRISTIAN PAJOのソロプロジェクト。
パホはスリントの創設メンバーだったが、その後トータスやズワンに参加。

ソロ制作のシングルをここ数年たて続けに発表していたが、ここに見事アルバムとして結実した。

アコースティック・ギターの巧みさに加え、心温まるヴォーカルも素晴らしい!!大傑作だ。
Date: 2005/07/06


Portishead ― roseland new york
国内盤で廉価版DVDが出たので記念に書き込み。

これは、ポーティスヘッドがニューヨークでオーケストラと共演した時録画された記念碑的名作で、オリジナルは限定版ビデオと音楽CDで1998年にリリースされた。

それ以後、彼らは沈黙を守り、ベス・ギボンズが2002年にソロアルバムを出しただけだったが、新作の録音もようやく終了し、年内にはリリース予定。どんなものになるのか非常に楽しみである。
Date: 2005/07/01


tunng ― mother's daughter other songs
UKの男性2人組デビューアルバム。アコースティックな音にエレクトリカが少しだけ絡むネオフォークミュージック。内省的で静かな音だがセンスは抜群だ。これまでテレビドラマのBGMなどを作っていたらしい。ヴォーカルのハーモニーも美しく、掘り出し物の1枚。こういうのにたまに出会えるからCD屋巡りはやめられない。
Date: 2005/06/22


JETHRO TULL ― LIVING WITH THE PAST
ジェスロ・タルを振り返るには絶好の好盤。

このアルバムは、2001年のロンドンのコンサートを中心に録音されたものだが、名曲もほぼ網羅されていて入門編にもベストな1枚。
こうして74分を越える様々な楽曲を通して聴いてみると、スコッティシュ・フォーク風の曲もあり、またブリティッシュ・ロックの王道を行くハードな曲もあり、クラシックからの影響の大きい曲もある。そのバラエティーに富んだ曲作りも、このバンドの大きな魅力となっている。

12年ぶりの来日公演でも健在ぶりをアピール、まだまだ死ぬにはちょいと若すぎるバンドだ。あと5年はやれるかな?そのうち出るであろう新作にも期待しよう。
Date: 2005/05/12


Beck ― Guero
フォーク/カントリーといったアメリカン・ルーツ・ミュージックを現代風のアレンジで聴かせてくれた傑作『Sea Change』以来約2年ぶりとなる新作『Guero』。
『O De Ley』を担当したダスト・ブラザーズがプロデュースしたとあって、雰囲気は『O De Ley』そのまんま。
このあたりのオトが好きだった僕には嬉しい限りだ。女性ファンが多くいる美形だが、見かけによらずBECKには地味なオトが似合っていると思う。
Date: 2005/04/29


eels ― blinking lights and other revelations
イールズはヴァージニア出身のオリヴァー・エベレットがLAに移って結成したバンド。このアルバムは彼らの6作目にあたり、03年の『シューテナニー!』以来のアルバムだが、曲の多くは97年前後に録音されていたものらしい。ダブルアルバム33曲は聴き応え十分。渋いヴォーカルに多彩な楽曲。ヒットチューンとは程遠い世界にある誠実な音がじわじわと迫ってくる。ゲストに、トム・ウェイツ、ピーター・バック、ジョン・セバスチャンらも参加。
Date: 2005/04/29


mice parade ― Bem-vinda Vontade
mice paradeにとっては5作目。3年に発売された前作の延長線上ににあるアルバムだが、相変わらずその水準は高い。フラメンコギターが聴けるのも楽しい。心に安らぎを与えるほんわかとしたミュージック!
Date: 2005/04/05


Fania ― naturel
試聴盤になっていたので、何も知識がなく聴いてみたらこれが物凄くいい!セネガル生まれフランス育ちのファニアは、スーパーモデルでゴルチエの元イメージ・キャラクターだったそうだが、今はシンガーソングライターでもある。セネガル言語のウォロフ語で唄うその歌声は対訳もないので全く意味不明だが(こういうのを輸入盤で買っちゃいけないということなのかも知れないが意味が分からない方がいい場合もあるのだ)心地良く響いてくる。バックの演奏も、アコーステックで神秘的。当分の間はこれにはまりそうだ。
Date: 2005/03/27


OWEN ― I do perceive
Joan of Arcのドラマー、マイク・キンセラのソロプロジェクト。

自身3枚目のこのアルバムは、意外なほどの素晴らしい作品に仕上がっている。USインディーにはこうした才能を持ったSSWは多いが、この人は運良く美声の持ち主でもあったのだ!この人のヴォーカルがこんな凄かったなんて、同じドラマー出身のフィル・コリンズ同様の奇跡が再び起こってしまったと言ってもいいだろう。

充実した内容に加えてセンスも一流とあれば、今年のベストアルバムに選ばれても不思議はない。
Date: 2005/02/24


from quagmire ― habitats in the wound
時々、前衛的なアルバムが聴きたくなる。

このバンドは、USアングロフォークの影響を受けているようだが、内省的で思索的な訥々としたオト。これで3枚目の作品だそうだが、ヒットには全く無縁のこうしたバンドに出会うチャンスはほとんどない。運良く試聴機に乗っていたので知ることが出来た。

ドロシー・ゲラーの囁くようなヴォーカルにアコースティックな楽器が絡まって、時間は静かに過ぎてゆく。1人で深夜に聴きたいオトだ。
Date: 2005/02/24


UNDER BYEN ― IT'S ME KEEPING TREES TOGETHER
北欧というと、スウェーデンのロックがいち早く脚光を浴びてきたが、ついにデンマークのミュージックシーンも日本でも紹介され始めた。このUNDER BYEN(オナ・ビューエン)もレベルは高い。

このバンドは8人組の大所帯ながら、注目はヴォーカルのヘンリエッタ!ビョークにそっくりな印象だが、アルバムの後半に来るとベス・ギボンズ(ポーティスヘッド)のニューアルバムを聴いているような錯覚にとらわれる。浮遊感のあるサウンドは、都会的であり、洗練された北欧のインテリアにマッチしそうだ。
Date: 2005/02/22


Mice Parade ― Obrigado Saudade
ディラン・グループや、スワーリーズやHIMといったグループでの活躍も目立つアダム・ピアース。
マイス・パレードも彼のまた1つのユニットなのかも知れない。

この作品は、ピアースの感性が縦横無尽に展開したような素晴らしい仕上がり。

アコースティック・ギターの印象的な爪弾きからはじまって、エレクトロニクスとパーカションの静かな交歓が優美な曲線を描きながら広がっていく。
まるで万華鏡のような美しさを堪能できる稀有なアルバムだ。
Date: 2005/02/19


MY JAZZY CHILD ― I INSIST
昨年出たSADA SOULが溜息が出るほど素晴らしかったMY JAZZY CHILDのニューアルバム。

this heatの後継者と言っては大げさだが、大きな影響を受けていることは明らかで、それ風の音も随所で登場する。この手の音は最近フォーク・エレクトリカと呼ばれ注目されている模様。

フランス人である禿げおやぢDamien Mingusのソロ・プロジェクトだと思うが、女性ヴォーカルなども効果的に使われており、透明で思索的な音に仕上がっている。
Date: 2005/02/18


THE MARS VOLTA ― FRANCES THE MUTE
1作のみの大傑作を残したAT THE DRIVEINから分裂し、一昨年THE MARS VOLTAとしてデビューしたバンドの2作目。国内盤の限定盤にはライヴ3曲入りのDVDが付いており、これがお買い得!
ちょうどこのアルバムの発売直後にはソニックマニアで来日、1日だけの単独コンサートも観る事が出来た。
このTHE MARS VOLTAは、この1年ちょっとの活動で、すでにレッド・ツェッペリンを凌ぐハードで過激なライヴ・パフォーマンスで有名になってしまっているのだが、新作では、5曲、77分と、組曲も含んでよりプログレッシヴな味わいも増し、聴き応えも十分なヴォリュームに仕上がっている。
コンサートでは、ロバート・プラントにイメージがダブるセドリックの高音の伸びが印象的なヴォーカルと、オマー・ロドリゲスの早弾きギター、ジョン・セオドアの叩きつけるようなドラムスが炸裂!そのアンダーグラウンドな味わいは、30年も前のフランク・ザッパ日本公演を思い出させるほどだった。
Date: 2005/02/17


Capitol K ― Island Row
ステレオ・ラブやドイツのデア・プラン、ホルガー・シューカイにも通ずるポップでテクノなノイズも有する音。この手の音をBGMに仕事をするのが僕は好き。軽めだけれど、ダサくはなく、センスがいい。ヘビーじゃないので胃にももたれない。今の建築のようでもある。

このキャピトル・Kなる人物、本名はクリスチャン・クレイグ・ロビンソンといい、20代らしい。ロンドン在住の英国人で父親は建築家だそうだ。ともかく、これだけ雑食してくれたら、今後が楽しみだ。勿論、ジャケット写真のセンス、色の発色とも秀逸。
Date: 2002/10/04


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND










Tricolore



















006173
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70