L'ange Sauvage

僕は野生の天使、熱いガゼルの体を抱きしめる / 僕は待つ 神々の怒りを、あるいは悪魔の美しさを
僕の死にかけた世界を覆いつくしてほしいから  ――――― CYRIL COLLARD





イレブン・ミニッツ  2017/04/17(月)
リベリオン ワルシャワ大攻防戦  2017/04/13(木)
裸足の季節  2017/02/13(月)
沈黙  2017/02/04(土)
ヴィクトリア  2017/01/06(金)
メニルモンタン 2つの秋と3つの冬  2016/11/15(火)
火の山のマリア  2016/10/24(月)
悪魔を見た  2016/10/24(月)
LOVE  2016/10/06(木)
裸の診察室  2016/10/01(土)
レヴェナント: 蘇えりし者  2016/09/15(木)
消えた声が、その名を呼ぶ  2016/08/19(金)
独裁者と小さな孫  2016/07/28(木)
ディーパンの闘い  2016/07/28(木)
サウルの息子  2016/07/06(水)
ビロウ  2016/06/16(木)
彼は秘密の女友達  2016/06/13(月)
さよなら、人類  2016/06/13(月)
悪魔は誰だ  2016/05/09(月)
雪の轍  2016/05/03(火)
モディリアーニ 真実の愛  2016/02/20(土)
This is the End  2016/02/20(土)
皇帝のために  2015/12/15(火)
ホラーストーリーズ  2015/10/03(土)
セッション  2015/10/03(土)


イレブン・ミニッツ
ポーランドのイエジー・スコリモフスキ監督の『イレブン・ミニッツ』をレンタルで観た。

この映画は昨年夏に公開されたばかり。同じ時間に起こっている様々なことが同時に描かれていく手法でその1つ1つがいつ関連してくるのだろうかという疑問の中で迎えるエンディングが文句なしにいい。
Date: 2017/04/17(月)


リベリオン ワルシャワ大攻防戦
2014年公開のポーランド製戦争映画。

第二次大戦中にあったポーランドの「ワルシャワ蜂起」が描かれる。

これまでの戦争映画とは異なる描き方だが、目を瞠る戦闘シーンが次から次へと描かれている。

ソ連の傑作戦争映画『炎628』と双璧。

Date: 2017/04/13(木)


裸足の季節
トルコ出身の女性監督デニズ・ガムゼ・エルギュヴェンが長編初メガホンを取り、5人姉妹の自由への憧れと渇望を描く青春ドラマ。

少女たちの輝きを見事に切り取った一作。

超おすすめ。
Date: 2017/02/13(月)


沈黙
マーティン・スコセッシ監督の『沈黙』を観た。

2時間42分の力作!

主演のアンドリュー・ガーフィールドは演技力で物足りず。この手の映画には欠かせないエイドリアン・ブロディが適役だろうに。

前衛映画『鉄男』で有名になった塚本晋也監督も農民役で大熱演(笑)


外国人も観に来ていたが字幕は英語の部分だけ。これでいいのか?
Date: 2017/02/04(土)


ヴィクトリア
95年に一般公開、140分がワンカットで撮影されている。

ベルリンの夜が生々しい!
Date: 2017/01/06(金)


メニルモンタン 2つの秋と3つの冬
パリの郊外に住むパッとしない男の恋と日常。

派手さは全くないが、等身大に描かれているのが高評価。
Date: 2016/11/15(火)


火の山のマリア
2016年のベルリン国際映画祭で新しい視点賞を獲得したグアテマラ映画。

監督はグアテマラ人のハイロ・ブスタマンテ。

貧しいコーヒー農園の作業員家族の日常と出来事。

火山を背景にした厳しい自然が描かれている。
Date: 2016/10/24(月)


悪魔を見た
2010年公開の韓国映画。

キム・ジウン監督は、復讐劇を血みどろで毒々しく描いた。

イ・ビョンホンと犯人役のチェ・ミンシクの対決は見もの。
Date: 2016/10/24(月)


LOVE
ギャスパー・ノエ監督の必殺技炸裂!

監督によると、「普通の若者」の恋愛を描いたそうだ。

男1人、女2人の生々しいベッドシーンが延々と続く。

バックにジョン・フルシアンテのエンピリアンからの曲が使われている。

日本固有の問題かもしれないが、ぼかしがあるシーンばかりでうんざり。
Date: 2016/10/06(木)


裸の診察室
2010年のオランダ映画で日本では未公開作品。

1968年生まれのオランダのナヌーク・レオポルド監督の長編作品で他に長編作は6本ぐらいあるようだがすべて日本では未公開。

奔放な女医と建築家の夫婦に亀裂が入って・・・。

繊細な撮影とセリフが少ない脚本の異色作。BGMもほとんど入らない。

スイスのアラン・タネール監督の作品を思い出させ、記憶に残る作品となった。
Date: 2016/10/01(土)


レヴェナント: 蘇えりし者
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の渾身の一撃!

なんとこれは実話だそうだ。

主演のレオナルド・ディカプリオがアカデミー賞を初受賞した作品で話題にもなった。

別の映画で酷寒の川に入る時には衣類は脱ぐのが一番安全だと紹介があったが、この映画ではそのまま入っている。どちらがいいのだろう?

Date: 2016/09/15(木)


消えた声が、その名を呼ぶ
ファティー・アキン監督の名声は、2004年の『愛より強く』で第54回ベルリン国際映画祭金熊賞を獲得した頃から世界にとどろいているが、この映画は2014年の最新作。

これまでの映画と違い、骨太でスケールも大きい映画だ。

迫害されたアルメニア人の1人の男の苦難に捉われた一生。

マーティン・スコセッシ監督を始め、アトム・エゴヤン監督、アラン・スタースキーなどもこの映画の完成には尽力している。
Date: 2016/08/19(金)


独裁者と小さな孫
イランのモフセン・マフマルバフ監督の2014年の最新作。

クーデターで地位を失った独裁者とその孫の逃避行。

自身の横暴ぶりを逃亡先で少しづつ知っていく過程が描かれる。
Date: 2016/07/28(木)


ディーパンの闘い
第68回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞。

フランス、パリ郊外―スリランカの戦禍から家族を装って逃れてきた移民のディーパンと女と少女。

移民の収容施設で管理人&掃除夫として働き始める。そこには麻薬を売る売人が・・・。

移民問題に焦点を当てた作品。

監督のジャック・オディアールは私より1つ上で、第62回カンヌ国際映画祭では「預言者」でグランプリを獲得している。
Date: 2016/07/28(木)


サウルの息子
ハンガリー人のネメシュ・ラースロー監督による長編初作品。

アウシュヴィッツで収容者の運搬と死体処理に従事した部隊、「ゾンダーコマンド」の一員であるハンガリー人の1日を描く。

終始主役の男以外にはピントが合っていない映像で、その後ろにある地獄絵図はぼんやりと映っているだけという異色作。

第68回カンヌ国際映画祭グランプリ作品。
Date: 2016/07/06(水)


ビロウ
2002年公開。一見潜水艦VS駆逐艦の戦争映画だが、実は一級のホラー映画で相当怖い。

監督はデヴィッド・トゥーヒー。脚本にダーレン・アロノフスキーが加わり凄みがある。

監督自身も最後の方で顔出ししている。
Date: 2016/06/16(木)


彼は秘密の女友達
フランソワ・オゾン監督の2015年の佳作。

監督らしいピリッとした味付けの恋愛モノに仕上がっている。撮影も優雅に仕上がっている。

ペドロ・アルモドヴァル監督が得意とする分野に踏み込んだ印象だ。
Date: 2016/06/13(月)


さよなら、人類
2014年のヴェネチア映画祭で金獅子賞を獲得したスウェーデンのロイ・アンダーソン監督による全くの異色作。

この監督独自の持ち味であるシュールなシーンの連続。すべてがセットの中で撮影されているのも特徴だ。

海外のタイトルは『A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence』という哲学的なイメージを喚起する内容だ。
Date: 2016/06/13(月)


悪魔は誰だ
よくできた韓国映画。

誘拐事件の時効が来て被害者の母親は悲しみに暮れている。

そしてまた同じ誘拐事件が起こった・・・。

犯人と刑事の息詰まる神経戦も見事。
Date: 2016/05/09(月)


雪の轍
2014年・第67回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞したトルコの巨匠ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督作品。

世界遺産カッパドキアをバックに、洞窟ホテルを営む夫婦とその妹の間の相手を罵倒する剥き出しの会話が凄い。

そこまでは言われたくない僅かなプライドも粉々に打ち砕かれる様をとくとご覧あれ。
Date: 2016/05/03(火)


モディリアーニ 真実の愛
2005年制作、ミック・デイヴィス監督。

パリのモンパルナスを舞台に、画家モディリアーニと、最愛の妻ジャンヌの半生を描く。

史実と虚構を組み合わせた脚本が実にうまい。

スーチン、リベラ、キスリング、ユトリロ、ピカソなど、モディリアーニと交流を持った画家が次々と登場。興味も尽きない。

モディリアーニ役のアンディ・ガルシアが熱演。
Date: 2016/02/20(土)


This is the End
クスリをやりすぎたセス・ローゲン監督のおバカ映画。

次から次へと繰り出される軽いジャブの応酬と意外な展開のストーリー。

ここまでやってくれたら文句もない。
Date: 2016/02/20(土)


皇帝のために
刺して刺して刺しまくる。

韓国ノワールの新作には銃が一切登場しない。これは珍しいことだ。

長身細身のイ・ミンギの鋭い眼つきがいい。

ただし18禁映画にしてはベッドシーンはあっさりと物足りなかった。
Date: 2015/12/15(火)


ホラーストーリーズ
オムニバス4本の韓国製ホラー映画。

監督は、ミン・ギュドン、チョン・ボムシク、イム・デウン、ホン・ジヨン、キム・ゴック、キム・ソンの6人。

B級映画だが、韓国の美女を見ているだけでも楽しめる。当然怖い!!   
Date: 2015/10/03(土)


セッション
まだ30歳のデミアン・チャゼル監督のデビュー作品。

アカデミー賞を3部門獲得するなど大きな話題になった。

名門音楽学校で講師を勤めるスパルタ音楽教師と生徒の物語。

ハリウッド作品だと戦争映画で「新兵の訓練風景」が良く描かれるが、それを教師と生徒のドラマーに置き換えたものと考えたらいい。

今でも芸術家の師弟関係だとこの程度のことはいくらでもありそうだけどね。
Date: 2015/10/03(土)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND










tricolore



















000657
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70